コロンビア大で出会う、最先端の経営

「第2の創業」を成功させるものは何か?

2012年3月には、恒例の日本への研修旅行も主催。川本さんはツアーリーダーとして、トヨタ自動車、ソニー、DeNA、スタジオジブリなどの企業訪問を企画し、奔走した。

9月、新入生を迎え、前年に存亡の危機にあったJapan Business Associationをどうやって盛り上げていくか、作戦会議が開かれた。

「日本の文化やビジネス習慣は、僕たち西洋人にとっては、とてもユニークで興味深いものなんだ。『日本』を体験できるイベント企画を、JBA勧誘の目玉にしていこうよ!」

日本ビジネス研究会のメンバーたち。後方左端がマルコス・シーランさん

マルコスさんたちヨーロッパ人に加え、アメリカ人、中国人、韓国人の同級生が、積極的に新入生を勧誘してくれて、JBAは息を吹き返した。その感謝の気持ちをメールにして、マルコスさんに送ったところ、こんな返信がきた。

「JBAが存続できたのは、アキ(川本さんの愛称)が誰よりも頑張ったからだよ。僕たちは、アキがいたから日本に興味を持ったし、日本のことを深く知ることができた。

ヨーロッパとも、アメリカとも違う、新しい視点を与えてくれたことに、心から感謝している。アキの影響力って、思っているよりスゴいんだよ。同級生として出会えて本当によかった!」

1人で頑張ってきてよかった、と思った瞬間だった。

「この言葉は僕の留学生活の勲章だと思っています。1人で寂しいと思ったこともありましたが、得たものも大きかった。MBA留学って、自国を意識する場でもありますが、それ以上に、友人を通じてグローバルパーソンとして、異なる視点や感覚を身につける場なんだと再認識しましたね」

ビジネススクールで出会った友人は、生涯の友となる。友人は、MBA留学から得られる大きな財産なのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?