コロンビア大で出会う、最先端の経営

「第2の創業」を成功させるものは何か?

たった1人の日本人という”重責”

「『550人中、たった1人の日本人学生として、僕には何が出来るだろう』。それを自問自答する毎日でした」

川本さんは、2011年9月に入学して以来、日本代表であることに重荷を感じていた。なぜなら、550人の同級生にとって、川本さんは、「日本」の象徴なのだ。

コロンビアビジネススクール
アメリカ・ニューヨーク、コロンビア大学の経営大学院。1916年創立。 通常の2年プログラムに加え、16カ月でMBAが取得できる1月入学制度も並立。コロンビア大学の他学部(法学・ジャーナリズムなど)の科目も選択できる柔軟なカリキュラムも強み。ニューヨークという場所柄、有名企業のCEO、COOが来校し、講演する授業が多い。ファイナンス分野では特に定評があり、ブルース・グリンウォルド教授は、とりわけ有名。世界的な投資家、ウォーレン・バフェット氏の出身校でもある。卒業生のおよそ5割が金融業界に就職する。
日本語ウェブサイトhttp://columbiamba.jimdo.com

「どうして、日本人は1人しかいないの?」
 「日本人はMBAに興味がないの?」

そう聞かれ、反論したり、理由を説明したりするのが苦しかったという。

「同じアジアでも、中国人や韓国人は20人も、30人もいるわけです。大きなグループを形成していて、存在感は増すばかり。僕にできることは、『日本人留学生も捨てたもんじゃないな』と思ってもらえるような発言をしたり、貢献をしたりすることだけでした」

川本さんは、コロンビアの学園祭で、日本をアピールするために、サムライ劇でもやろうかと本気で考えたこともあったという。

「でも、思いとどまりました。イロモノで本当の日本の姿や、日本人の姿を伝えられるか、と思ったのです。それよりは、僕を通じて、日本人の気遣いとか、心の優しさとか、そういったものを感じてもらえるように努力したんです」

そんな川本さんを心から支えてくれたのが、同級生のマルコス・シーランさん(29)だ。経営コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー出身のアイルランド系スペイン人。日本に興味を持っていて、川本さんがリーダーを務めるJapan Business Association(日本ビジネス研究会)のメンバーとなったのがきっかけで、親しくなった。

通常、Japan Business Associationは、日本人留学生を中心に運営されるが、日本人が実質、川本さん1人となり、存亡の危機を迎えていた。そんなとき、マルコスさんやその友人、9名が運営幹部役を買って出てくれたのだ。

次ページ留学生活で得た”勲章”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT