善意が暴走するPTAと町内会は変われるか

数々のナゾに挑戦する2人に聞く

PTAも町内会と同様に、本来は関係のない仕事に巻き込まれないよう、気を付ける必要がある(撮影:今井 康一)
「みんなが協力しあって身のまわりをよりよくしよう」という善意の活動。しかし残念ながら、“参加強制力”が強く働く場においては、人間関係のあつれき、泥沼化が起こりがちです。
典型的なのが、地域住民による「町内会(自治会)」や、学校の保護者による「PTA」の活動です。いったいどうすれば余計な揉め事を回避し、前向きに活動できるのか? 改革をうまく進めるにはどうすればいいのか?
町内会は義務ですか?』の著書がある紙屋高雪さんと、『PTA、やらなきゃダメですか?』を著した山本浩資さんに、実体験から学んだ“難所”や“切り抜け方”を語り合ってもらいました。

合意を作るのにかけた相当な労力

この連載の一覧はこちら

紙屋:僕は、とある地方都市の町内会で、6年ほど会長をやっていました。校区(自治会や防犯組織、育成委員会等の集まり)から、地域の運動会などイベントがあるたびに「(手伝いの)人を出せ」と言われるのに応え切れず断っていたら、吊るし上げに遭ってしまいました(苦笑)。そこでいったん町内会を解散し、義務ナシ・会費ナシの「新・町内会」を結成したという経験があります。

PTAにも、強制性や人間関係の難しさなど、町内会と共通する問題点がたくさんありますよね。

山本:そうですね。僕は「PTA活動って、もっとハッピーにやれるんじゃないかな?」と思い、すべての活動をボランティア制(強制でなく手を挙げた人がやる形)に変えました。途中で「PTA解散宣言」をしたこともありますし、会費を値下げしたり、団体名を“PTA”から“PTO(学校応援団)”に変えたりと、いろんなことをやったんですけれど。

ちょうどその頃(2014年)、紙屋さんの本(『”町内会”は義務ですか?』)が出たので、すごく参考にさせてもらいました。

次ページ反対意見の人たちにも、ちゃんと向き合う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。