善意が暴走するPTAと町内会は変われるか

数々のナゾに挑戦する2人に聞く

PTAも町内会と同様に、本来は関係のない仕事に巻き込まれないよう、気を付ける必要がある(撮影:今井 康一)
「みんなが協力しあって身のまわりをよりよくしよう」という善意の活動。しかし残念ながら、“参加強制力”が強く働く場においては、人間関係のあつれき、泥沼化が起こりがちです。
典型的なのが、地域住民による「町内会(自治会)」や、学校の保護者による「PTA」の活動です。いったいどうすれば余計な揉め事を回避し、前向きに活動できるのか? 改革をうまく進めるにはどうすればいいのか?
町内会は義務ですか?』の著書がある紙屋高雪さんと、『PTA、やらなきゃダメですか?』を著した山本浩資さんに、実体験から学んだ“難所”や“切り抜け方”を語り合ってもらいました。

合意を作るのにかけた相当な労力

この連載の一覧はこちら

紙屋:僕は、とある地方都市の町内会で、6年ほど会長をやっていました。校区(自治会や防犯組織、育成委員会等の集まり)から、地域の運動会などイベントがあるたびに「(手伝いの)人を出せ」と言われるのに応え切れず断っていたら、吊るし上げに遭ってしまいました(苦笑)。そこでいったん町内会を解散し、義務ナシ・会費ナシの「新・町内会」を結成したという経験があります。

PTAにも、強制性や人間関係の難しさなど、町内会と共通する問題点がたくさんありますよね。

山本:そうですね。僕は「PTA活動って、もっとハッピーにやれるんじゃないかな?」と思い、すべての活動をボランティア制(強制でなく手を挙げた人がやる形)に変えました。途中で「PTA解散宣言」をしたこともありますし、会費を値下げしたり、団体名を“PTA”から“PTO(学校応援団)”に変えたりと、いろんなことをやったんですけれど。

ちょうどその頃(2014年)、紙屋さんの本(『”町内会”は義務ですか?』)が出たので、すごく参考にさせてもらいました。

次ページ反対意見の人たちにも、ちゃんと向き合う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT