町内会の「無理やり感」は変えられるか?

"強制"をやめたらPTAも町内会も潰れる!?

“強制ナシ”の自治会やPTAの運営って、本当に可能なんでしょうか?(写真 : 千葉のカエル / PIXTA(ピクスタ)
子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題が付きまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?
『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が、番外編として、PTAと極めて似た体質をもつ町内会(自治会)の実態と問題に迫ります。
※前回記事:PTAを上回る強制力?「町内会」のナゾ

 

前回記事では、PTA同様にナゾの日本的組織である「町内会」(=自治会)について取り上げました。詳しくはそちらをお読みいただければと思いますが、自治会には必要性がよくわからない“強制労働”が多く、人々を悩ませています。活動のやり方に疑問をもっても問いを発することは許されませんし、要求された活動を放置した人は、夜中まで大勢に囲まれて糾弾されるという“吊るしあげ”にあったりします。

今回も引き続き、とある地方都市で自治会長を務めた紙屋高雪さん(『町内会は義務ですか?』著者)とともに、自治会の問題について考えていきます。

広域の自治会の集まりである「校区(自治団体協議会)」からの強制に耐えかねて元の自治会を休止させ、“新自治会”を発足させるという軽業を成し遂げた紙屋さん。“強制ナシ”の自治会やPTAの運営って、本当に可能なんでしょうか

途絶えた時期は「必要なかった」ということ

大塚:私は自治会もPTAも日本独特のナの組織だと思うのですが、問題の根っこにあるものは同じという気がします。

紙屋:そうかもしれませんね。自治会もPTAも、いちばん大事なのは「目的性をはっきりさせること」と「自発性の原則に基づくこと」だと思いますが、今はそこがあいまいです。

「なんでその仕事をやるのか」という必然性が見えなければ、どんな仕事も苦痛としてしか感じられません。「自発的にやろう」という気にならないですよね。

大塚:私も「やりたい人がやる」のがいちばんいいと思うんですが、「強制をやめたら誰もやらなくなる」という心配をする人も多いですね。

みんな、そんなにやりませんかね? 紙屋さんの自治会だって、強制しなくても必要な活動はおのずと残ったわけですし。PTAの場合、学校のことに関心がある保護者は多いですし、余計にそう思います。

次ページ「やめられない仕事」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT