善意が暴走するPTAと町内会は変われるか

数々のナゾに挑戦する2人に聞く

紙屋:区は「やらせたい」と思っているから、「やってもやらなくてもいいですよ」という任意性を、はっきり言いたくないんですよね(苦笑)。

自主的に選んでいる、という体裁を取らされてしまう

山本:そうそう、そうです(苦笑)。

あともうひとつ、「体育館開放」というのもやめました。これも休みの日などに体育館を地域の人に開放するという事業で、自治体によってはスポーツ推進委員の人や、町会の人がやるんですけれど、うちの地域では、なぜかこれをPTAがやっていました。

日当が1人2千円くらい出るので、自分も卓球やバドミントンを楽しみながら当番をする、という人はいいんです。でも、その日当を区から預かって、その人たちに手渡ししたり、書類を作ったりするのは、PTAの役員の仕事だった。「それ、大変だよね?」と聞いたら「大変です」とみなさん言うので、学校や町会に相談して、やめることにしました。

紙屋:その仕事はみんな、納得いかなかったでしょうね。

山本:ええ。しかも、利用者の半分以上は学区外の人だったんですよ。体育館開放に来た人は住所を用紙に記入していくので、それを分析してみたら、PTA会員の利用者は半分もいなかった。

そもそも区の施設としての開放業務なので、PTAがやらなきゃいけないのはおかしいですよね。これも職員の人は「いやいや、PTAでずっと続けて欲しい」みたいなことを言っていたんですけれど。

でもやっていない学校もすでに半分くらいありましたし、やめました。

紙屋:それも、すごいお話ですね。町内会はよく、行政から「こういうのは大事ですよね?」というふうに仕事をやるように言われるんですけれど、逆らいづらいんです。「防犯って大事ですよね?」「地域の見守りって大事ですよね?」と言われると、「大事ではありません」とは言えませんから、引き受けざるを得なくなる。

そうすると「自主的にその人(その町内会)が選んでいる」という体裁を取らされてしまう。そういうことが、すごく多いです。

PTAも町内会と同様に、本来は関係のない仕事に巻き込まれないよう、気を付ける必要があるでしょうね。ただでさえ仕事の担い手が少なくて、苦労しているのですから。意欲や担い手があれば、どんどん引き受けていい。でも、無理な時はきっぱり言う。言えるしくみもつくる。行政もそういう団体・個人が出てくることを前提に依頼をし、またそういう制度設計をすべきです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。