トラブルの温床!PTA改革「ここが危険」

絶対に省いてはいけないただひとつのこと

PTAの無駄な仕事はどんどん削減したいものですが…(写真;xiangtao / PIXTA)
子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題が付きまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。

PTAの「仕事削減ブーム」の裏でトラブルも

 最近、「PTAの仕事をスリム化(削減)した」という話を聞くことが増えてきました。たとえば、よく耳にするのはこんな内容です。

「委員会の仕事を削減したうえで、2つの委員会を合体させて、数を1つ減らしました」
「ほぼ毎月開いていた定例会を、2~3カ月に1度にしました」
「広報紙の発行を、年3回から年1、2回に変えました」

今年度、日本PTA全国協議会が発行した活動事例集にも、「組織運営の透明化・スリム化・円滑化・活性化をめざして」というキャッチコピーが入っています。PTAのスリム化は、もはや全国的な流れと言えるかもしれません。

近年は児童数と比例して保護者数が減っているうえ、共稼ぎ・ひとり親家庭が増えて専業のお母さんが減少。一方でPTAの仕事は徐々に拡大していますから、仕事の削減は必然的といえます。

ただし、「削ること」ばかりに注力すると、削ってはいけない部分まで削ってしまうことがあるので、注意が必要です。

何を削ってはいけないか?それは対話や話し合いなど、「合意形成のためにかける労力」の部分です。

それぞれの会員が声を上げることや、会員の声を運営に取り入れる部分がおろそかになるのは、やはりよろしくありません。それは結局、トラブルを招くことになります。

次ページ一手間を省いたせいで、こんなトラブルに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT