若いうちに「職業の選択肢」を絞る必要はない

大切なのは「積極的な」経験を積むこと

中学3年生からのお悩み相談です(写真:xiangtao / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

なりたい職業がわかりません。好きなことは服や髪や部屋の模様替えなどですが、服や髪のセンスがあるとはとっても言えないし、部屋のデザインとしても忍耐強く物事を進めるのが苦手です。親や先生はやりたいことを決めて、その目標に向かって勉強しろと言います。でもやりたいことがわからないから、今、私がしなければいけないこともわかりません。勉強しなければいけないということはわかってるけど、どこに向かってるのかもわからないからヤル気も起きません。どうしたらいいでしょうか。
学生(中3)櫻井莉子

中学生ではなりたい職業がわからなくて当前

この連載の記事一覧はこちら

中学3年生の方からの相談は本連載始まって以来のことですが、中学生でこんな(といっては失礼ですが)媒体を読まれていることから、興味の矛先が広いのではと勝手に想像をしています。

さて、周りにはやりたいことを探して頑張れと言われるが、肝心のやりたいことがわからない、と。

その年齢では当たり前です。何も悩むことはありません。現在は偉そうに「やりたいことを探して、それに向かって勉強しろ」と言っている大人たちも、間違いなく中学3年生のころにはやりたいことなんて見えていなかったハズです。

私自身も胸を張って言いますが、中学3年生でやりたいことなんぞ見えておりませんでした。

次ページ中学生にとっての世界とは……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT