若いうちに「職業の選択肢」を絞る必要はない

大切なのは「積極的な」経験を積むこと

その過程で、「何か違う」と思ったらやめて、次に興味のあることを探せばよいのです。

なぜか?

中学生ですから、可能性の塊なわけですよ。可能性が無限大なのに、何も今の時点で勝手に自分の可能性をひとつに絞る必要なんてありません。非常にもったいないです。

経験や知識がない中で選んだやりたいことに人生をかけてはいけません。ちょっと経験をしてみるか程度の感覚でよいのです。若い今だからこそ、いろいろと冒険をするべきです。

無駄を経験したからこそ今の自分がある

たとえば私自身、高校や大学でやったバイトは軽く20は超えますし、始めてはやめた趣味も数多くあります。

でもね、そんな無駄をいろいろ経験したからこそ、リアルに自分自身を知ることもできたし、今の自分があるのだと思っています。積極的な経験なくして、自分のやりたいことなんて決して見つかりません。

そのような中で少なくとも、全力で自分のやりたいことを探したと胸を張って言えますから、その時期を経て自分が下した人生の決断に後悔はないわけです。

中学生ですから、やりたいことなんて今はなくてもいいのです。やりたいことを大人になる前に、いつか探し当てられるように、今は経験をどんどんするべきときです。選択肢を絞るときでは決してありません。

今は手探りでも、一歩一歩ご自身のペースで前進していけば、絶対に光は見えてきますよ。焦らず、自分と対話しながら成長していきましょう。

櫻井さんが、経験をすることに積極的になり、その結果としてやりたいことにいつか出合えるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。