まるでコクピット、"ガンダム建機"の真髄

日立建機のアスタコ、”生みの親”が語る

10月21日(日)、日立建機フェスティバルが行われていた茨城県の常陸那珂臨港工場。子どもたちが見つめる先には、2本の腕を自在に振り回すオレンジ色の重機があった。その名は「アスタコ(ASTACO)」、スペイン語で「ザリガニ」の意味を持つ。未来からやってきたようなザリガニに中から生命を吹き込んでいたのが、開発者で商品開発・建設システム事業部主任の小俣貴之氏だ。

「仕事をしようとなるとコツがいりますが、動かすこと自体は誰でもできます。極端に言うと、小学生でも動かせる」

小俣氏はサラッと言ってのける。確かに、アスタコは右レバーで右腕、左レバーで左腕を操作する。非常に直感的だ。しかし、小俣氏はアスタコで毛筆を握って文字を書いたり、バットでボールを打ったりできる。この腕前、ただ者ではない。

実は、小俣氏はわずか3人しかいないアスタコの開発陣の1人。アスタコを隅から隅まで知り抜いている。通常、油圧ショベルの標準機には10人以上の開発担当が置かれることを考えると、きわめて少数精鋭だ。

油圧ショベルの「常識」を変えた

一般に「ショベルカー」や「バックホー」と呼ばれて親しまれている油圧ショベルは、土を掘るだけでなく、腕の先にアタッチメントを取り付けることで、コンクリートを「割る」「切る」「つかむ」「つまむ」という作業ができる。ただ、これまでの機械は腕が1本しかないため、切る機械はひたすら切り、運ぶ機械は運ぶしかできなかった。

次ページガンダムをモデルにした?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT