日立製“ガンダム”、福島原発向け投入へ

遠隔操作で双腕を縦横無尽

小型双腕重機型ロボット「ASTACO-SoRa」。2本のアームでつかみながら切断することができる

操縦者の指示どおりに縦横無尽に動き回る双腕だけ見れば、あたかも“ガンダム”――。

日立製作所のグループ会社、日立エンジニアリング・アンド・サービスは12月7日、小型双腕重機型ロボット「ASTACO-SoRa(アスタコ-ソラ)」を発表した。

福島原発での活用目指す

ASTACO-SoRaは日立エンジニアリングと日立建機とが共同開発したロボット。遠隔操作が可能なため、放射線量の高い原子力発電所の建屋内でがれきの除去作業などを行うのに向く。2013年から福島第一原子力発電所での活用を目指していく。

運転作業員がジョイスティックとボタンを使って遠隔操作する

日立製作所の臨海工場(茨城県日立市大みか町)でお披露目されたASTACO-SoRaは、日立建機の技術をベースに、日立エンジニアリングの遠隔操作の技術を組み合わせて1年がかりで開発が進められた。「原子力発電所のメンテナンスなどで培った知見を生かし、日立独自で開発した。東京電力には日立のコンセプトで開発したロボットを活用して欲しい」(日立エンジニアリングのプラント本部・関上隆本部長付)。

次ページ100ミリシーベルトでもOK
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。