景気低迷の真犯人は、技術革新の停滞か?

米国を賑わすイノベーション論争

技術革新頼みの景気回復案は甘い

財政難に陥っている政府が、すぐにも必要な公共インフラプロジェクトを先延ばしにしていることによって、中期的な成長も犠牲となっている。さらに、先進国の高齢化など社会的なトレンドも将来的な経済成長の重荷となっている。こうした危機を抱えていない国でも、年金や健康保険システムについては厳しい見直しが必要とされている。

こうした状況を踏まえると、トレンドが実際のGDP(国内総生産)を1%程度下回る事態が今後10年間かそれ以上続くことが容易に予想できる。

ティエル氏、カスパロフ氏、ゴードン氏らによる仮説は正しく、今後の見通しは非常に暗い。改革はまさに待ったなしの状態だ。金融危機の後に練られた多くの経済再生案は技術革新に伴って生産性が向上することを前提としており、将来的にはこれによって持続的な経済回復が訪れることになっている。しかし実際、われわれに残されたオプションはそれよりもっと痛みを伴う改革を行うこと以外にないのである。

(週刊東洋経済2012年12月22日号) (C)Project Syndicate

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT