景気低迷の真犯人は、技術革新の停滞か?

米国を賑わすイノベーション論争

技術革新頼みの景気回復案は甘い

財政難に陥っている政府が、すぐにも必要な公共インフラプロジェクトを先延ばしにしていることによって、中期的な成長も犠牲となっている。さらに、先進国の高齢化など社会的なトレンドも将来的な経済成長の重荷となっている。こうした危機を抱えていない国でも、年金や健康保険システムについては厳しい見直しが必要とされている。

こうした状況を踏まえると、トレンドが実際のGDP(国内総生産)を1%程度下回る事態が今後10年間かそれ以上続くことが容易に予想できる。

ティエル氏、カスパロフ氏、ゴードン氏らによる仮説は正しく、今後の見通しは非常に暗い。改革はまさに待ったなしの状態だ。金融危機の後に練られた多くの経済再生案は技術革新に伴って生産性が向上することを前提としており、将来的にはこれによって持続的な経済回復が訪れることになっている。しかし実際、われわれに残されたオプションはそれよりもっと痛みを伴う改革を行うこと以外にないのである。

(週刊東洋経済2012年12月22日号) (C)Project Syndicate

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。