景気低迷の真犯人は、技術革新の停滞か?

米国を賑わすイノベーション論争

信用収縮によってイノベーションが減退

こうした考え方は非常に興味深くはあるが、景気低迷の原因は深刻な金融危機の後遺症ではなく、長期的なイノベーションの停滞だとする十分な証左はない。

確かに科学的な発展が鈍化しており、最新の携帯端末などガジェットも過去の技術の派生品にすぎないと考えている人は少なくないだろう。一方で、一流大学に籍を置く科学者の大半はナノテクノロジーや脳科学、エネルギーといった最先端技術分野で自らが手掛ける研究やその成果について大きな期待を抱き、自分の研究がこれまでにない速さで世界を変えると信じている。

では経済学者である私がイノベーションの停滞についてどう考えているか、というと、傲慢な独占欲がアイデアの抑圧につながり、その点で近頃頻発している特許争いこそ技術停滞を悪化させると考えている。

景気低迷の主因は信用バブルとその後のメルトダウンに間違いない。が、今の状況が過去世界中で起きた金融危機後の状況と類似していることは、失業率や不動産価格、累積債務など定性的な情報以外からも見て取れる。現在が過去の状況に似ていることはまったくの偶然ではない。

今回の信用バブルは技術革新やグローバリゼーションといった言葉とともに膨らんだ景気拡大への過剰な楽観主義によって引き起こされた。私はカーメン・ラインハルト氏との共著『国家は破綻する』の中で、技術革新やグローバリゼーションが過去にもこうした楽観主義を招き、これが信用バブルを助長するということも指摘している。

信用収縮で最も大きな打撃を受けるのはたいてい中小や新興の企業だ。優れたアイデアやイノベーションはこうした企業から生まれることが多いため、現在の信用収縮が長期的な経済成長に影響を及ぼすことは避けられないだろう。同時に失業者や不完全雇用者の技術力も低下していく。近年の新卒者がいい例だ。彼らは卒業しても自分の技術向上につながる職をなかなか見つけられず、自らの生産性や収益性を下げる事態に追い込まれている。

次ページ今後の見通しは、非常に暗い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT