効果的!子の論理力を育てる「5つの言葉」

「具体⇔抽象」を自在にできる子は強い

(例1)抽象的すぎる話から始まったとき→具体的(「例えば?」)な方向へ
子:「今日の授業、面白くなかった!」
親:「そう、面白くなかったの。例えばどういうところが?」
子:「算数が難しいことばかりでよくわからなかったかな」
親:「そうなの。他に何か面白くないことはあった?」
子:「ん~、小テストで点数が…」
親:「悪かったのね」
子:「うん」
親:「どうしてそうなっちゃたんだろう」
子:「遊んでばかりいるから」
親:「じゃ、これからはどうしたらいいの」
子:「勉強をしっかりやらないといけない」

こうやって会話を発展させよう

(例2)具体的な話から始まったとき→抽象(「要するに?」さらに「なぜ?」「ほかには?」)の方向へ
子:「この時期(定期テスト期間中)に友達からメールがきて大変」
親:「そう、メールがきて大変なのね。どうして今多いの?」
子:「写メでノートを撮って、送ってくれって言う人がいて」
親:「そんなことまであるの?」
子:「わからないことを教えて欲しいって、電話までくる人もいる」
親:「結局どういう状況になっているの?」
子:「全く勉強が進まない状況」
親:「なぜそうなっているの?」
子:「日頃からちゃんと勉強しない子が多くて、テスト前になると私のところにヘルプがきちゃうのよ」
親:「他にも何か理由があるんじゃない」
子:「私に聞けば何でもあるし、わかると勘違いしているのかも」
親:「じゃ、どうしたらいいのかしら」
子:「テスト期間中はメール禁止にするとか、でも友人関係も大切だし、メールにも少しは返事できるよう、テスト勉強をもっと前倒しでやろうかな」
次ページ日常会話で十分!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。