効果的!子の論理力を育てる「5つの言葉」

「具体⇔抽象」を自在にできる子は強い

その方法とは、日常会話に次のたった5つの”マジックワード”を取り入れることです。

「要するにどういうこと?」
「例えばどういうこと?」
「他にはどんなことがあるの?」
「なぜなの?」
「どうすればいい?」 

この5つの問いかけを普段の何気ない会話の中に入れてあげるのです。そうすると、問われえた子どもは自然と、頭が動き出し、考える力と構成力が身につくようになります。

「具体」⇔「抽象」ができると強い

それではこの5つの言葉について説明しましょう。

1.「要するにどういうこと?」― In a word ?

これは、具体的な内容をまとめさせるときに使います。子どもの話は結構、個別具体的なことが多いですね。見たまま、経験したままを話す傾向にあるので、「要するに?」といって簡単にまとめさせるのです。これは国語の要約問題でも威力を発揮しますし、今後のコミュニケーションの場面で役立つことでしょう。

2.「例えばどういうこと?」―For example ?

これは、抽象的な内容を、わかりやすく具体的に説明させるときに使います。子どもが何か漠然としたことを言った場合、「例えば?」と聞いてあげましょう。すると、相手にわかりやすく伝えるための具体例を考えるようになります。

「要するに?」⇔「例えば?」とは、抽象⇔具体であり、その往復をさせることは非常に有効です。これだけで、とてもわかりやすい話ができ、論理的になっていきます。自然と国語の読解力が高まるというおまけまでついてきます。ちなみに、いわゆる賢い子というのは、抽象度の高い話を理解できる子です。このように具体⇔抽象のトレーニングをしていくと、そうした力がついてくるはずです。

3.「他には?」―In addition ?

これは、話題を水平展開させるときに使います。話があまりに抽象的すぎるときに、「例えば?」といって具体例がでてきますが、1つだけでなく、他にもあるかどうか聞いてみましょう。これはボキャブラリーを増やすことや発想力を高めることにつながります。

4.「なぜ?」―Why ?

この言葉は、理由や背景を考えさえるときに使います。ロジカルシンキングでは、「なぜ?」は非常に重要なキーワードです。これまで、私は、この「なぜ?」という言葉を使って、生徒の考える力をつけてきました。最も重要で普遍的な言葉です。「何?what」「誰?who」「いつ?when」「どこで?where」「どっち?which」だけでなく、「なぜ?why」を入れると、途端に会話が本質的になっていきます。

5.「どうすれば?」―How ?

これは方法を問う言葉です。「では、どうすればいい?」と聞かれて、はじめてクリエイティブな力が出てきます。または、「あなたはどうしたいの?」と聞けば、他人事から自分事になります。ロジカルな世界では、分析や表現ばかりが強調されがちですが、この「では、どうすればいい?」と問いて、ポジティブな未来へと誘導してあげることで、より実践性が増してきます。現実と未来をつなげるための、非常に重要な言葉です。このマジックワードは勉強の場面以上に、実生活で役に立つことでしょう。

では、このような言葉を使って、どのような会話をしていくか。2つ紹介します。

次ページ実際の会話はこうなる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。