松下幸之助の「水道哲学」は現代にも有効だ

商売をする者の使命とはなにか

いい物を安くたくさんつくるのが生産者の使命だ(撮影:高橋孫一郎)

商売をするものの使命はなにか。この世から貧をなくすことである、世の中を豊かにすることである。物の面から人びとを救うことである――その基本の考え方、松下幸之助の悟りはやがていわゆる「水道哲学」へと発展していく。産業人という点に絞って言えば、「いい物を安くたくさん」というのは松下にとって最も根幹となる基本理念の1つであった。

聖なる経営とは「水道の水」である

この連載の一覧はこちら

聖なる経営とはなにか。本当の経営とはなにか。そうだ、水道の水だ。通りすがりの人が水道の栓をひねって存分に水を飲んだとしても、その無作法を咎(とが)めることはあっても、水そのものを盗ったことは咎めない。なぜだろうか。それは価格があるにもかかわらず、その量があまりに豊富だからである。生産者の使命は、貧をなくすために、貴重なる生活物資を水道の水のごとく無尽蔵たらしめることである。どれほど貴重なものでも、量を多くして無代に等しい価格をもって提供することにある。

「いわば水道の水のように、いい物を安くたくさんつくるということは、いつの時代でも大事なことやで」

この考え方は、松下自身は一度もそう表現していないが、世間には「水道哲学」という呼称で広まった。

さて、ときおり表面的な理解だけで水道哲学を批判する人が現れるから、少し補足をしておこう。日本は物が豊かになったから、もうそのようなことを考えなくてもいいのではないかという人がいる。

次ページ「いい物」とは何か?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。