歳より老けて見えるのは「血管力」のせいかも

体力・知力、心身の基礎を作る血管の鍛え方

最近よく耳にするようになった「血管力」。その高め方とは?(写真:maya2008 / PIXTA)

近年、健康雑誌やテレビ番組で「血管力をアップする」「血管年齢を若返らせる」などの特集がよく組まれるようになりました。

普段あまり気にしない方が多いかもしれませんが、血管は体を健康に保つ基本中の基本。仕事効率に関わってくる脳の働き改善や、シワのない肌の維持、メタボ予防まで、すべてに影響を与える大切な存在です。

そこで今日は、よく耳にするようになった「血管力アップ」の意味と方策を、具体的に解説していきます。

血管が弾力を失うと…?

この連載の記事一覧はこちら

「血管力」とは一般に、血管壁がしなやかで丈夫、血管内部は正常な厚さに保たれており、血液をスムーズに流すことができる血管の能力のことを指します。

血管は細胞とコラーゲンが結びついてできていますが、加齢と共に、身体全体のコラーゲン量が減り、弾力がなくなってくるため、血管壁も当然のように弾力を失います。それが影響して、体内の各器官、そして印象に大きくかかわる肌まで衰えてくるのです。

偏った食事や飲酒、喫煙、暴飲暴食、睡眠不足などの生活習慣で、若年層のビジネスパーソンでも血管年齢が老いている可能性は十分にあります。疲れやすい・疲れが取れにくい、肌の不調が気になる……なんて方は要注意。血管力も見た目年齢も、加齢だけの問題ではなくなってきているということを覚えておいてください。

次ページイライラや頭痛、集中力の低下にも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。