「誰にも言えない」お腹の悩みから脱する知恵

便秘も下痢も原因を突き止めれば対処できる

多かれ少なかれ、悩みを持っている人は少なくないはずです(写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

便がくだる。便がつまる――。

いわゆる便秘や下痢は、私たちにとって、もっとも身近な健康問題の一つでしょう。身近であるがゆえに、軽視されてきたことも事実です。たかが便秘、たかが下痢。単にお通じの具合が悪いだけで検査しても、「がん」や「炎症」など命にかかわる病気がない、ほかの病気に比べたら深刻度はぐっと低い。そういう認識は、本来なら専門家としてお腹問題に取り組むべき消化器内科医の間でも、根強く残っていました。

しかし、ご本人にとっては大問題です。一週間に一度、お通じがあればいいほう。いつもお腹に違和感を抱えて、イライラしてばかり。気分が悪く、集中力も続かない。あるいは電車のなかや授業中、会議中などに急にお腹が痛くなってトイレに駆け込む――。通勤時間帯のターミナル駅のトイレは、たいてい混雑しています。

便秘・下痢というお腹問題は、私たちにもっとも身近であると同時に、精神面、そして人生の質そのものに、大きく深く関係する問題といっても過言ではありません。拙著『女はつまる 男はくだる』(あさ出版)でも解説していますが、お腹の不調を解消するためには、とにかく不調の原因を突き止め、対策を講じることです。

といっても、何も難しいことはありません。私が考案した腸マッサージを行うこととあわせて、少し、生活習慣に気をつけていただくだけです。

日本人の大半は「腸の形が変」

私はこれまで、2万人以上の患者さんの腸を見てきました。そこで気付いたのが、日本人の大半は「腸の形が変わっている」だということです。

通常、腸の形といえば、ゆるく四角形を描くようにして、お腹に収まっているとされますが、私が見てきたじつに8割の人が、電話コードのように大腸がねじれている「ねじれ腸」、大腸が落ちている「落下腸」のいずれか、あるいは両方でした。そして、この「ねじれ腸」や「落下腸」の人の多くが、便秘や下痢に悩まされているのです。

次ページ日本人のお腹の不調の原因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。