東大の入試問題は世界で最も難しい!?

日米トップ大の入試はこんなに違う(上)

どのように決めるかというと、将来、自分がなりたい職業をイメージする。ここで「職業調べ」というキャリア教育が行われる。教わるキャリアはかなり狭い。どうしても医者、弁護士、教師など、わかりやすい職業ばかりになってしまう。大卒のほとんどが企業に就職するのに、職業調べには「サラリーマン」がない。

そうしたキャリア教育で将来なりたい仕事の方向性をだいたい決定し、学部・学科を決める。そして、その学部・学科が文系寄りなのか、理系寄りなのかを考え、かつ実際の学力も考慮して文理を決めるのである。

このように、人生のかなり早い段階でキャリアをやや無理やり決めてから「逆算型」で大学受験の方向を考えていくというのが、日本の大学受験の鉄則だ。

だが、日本の大学が学部・学科ごとに募集を行っている以上、どんどん前倒しになるのは仕方がないという側面もある。高校側はスケジュールを逆算して、文理の決定時期を早めないといけない。今の生徒は現役志向が強いこともそれに拍車をかけている。

激減する浪人生

20年前、1学年200万人いた時代には、既卒生の志願者が30万人もいた。

昔の難関大の受験生は、既卒受験が前提であり、現役でダメでも再度チャレンジする気概があった。これに対して、今の受験生は現役志向が強く、第一志望を貫き、ダメならもう1回受験するという意志の強さがあまりない。これは、既卒生が10万人を切り、ピーク時の3分の1程度に減少していることが裏付けている。

昔は東大を第一志望とする生徒は、落ちたら予備校に通い、受かるまで頑張ったものだが、今の生徒は落ちたら他の大学に行く。しかも、早慶でなくても他の私立に進学してしまう。それだけ現役志向が強いので、高校もスケジュールを前倒しにせざるをえないのだ。

そうして、高校2年生の3学期に志望校を決めたら、今度は志望校の過去問題の対策に入る。過去問題のベースとなるのは、今はセンター試験だ。以前は私立大学は参加していなかったが、ここ10年ほどで、ほぼすべての私立大学がセンター試験の得点を活用した入試を採用している。

次ページセンター試験は非常にいい問題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。