「がんだから会社を辞める」は、もったいない

正しい理解と制度があれば治療は両立できる

誰にでも降りかかる問題。あなたの会社はどう備えますか(撮影:今井 康一)

「がん」と聞くとどんなことが脳裏に浮かぶだろうか?

「不治の病」「闘病生活」「苦しい副作用」「死」――。がんに対してそんなイメージを抱いている人は少なくないだろう。確かにがんは30年以上にわたって日本人の死亡原因の第1位で、年代別でも50歳代以降はどの年代でも、がんによる死亡者数が最も多い。一生涯のうちに男性の約62%、女性の約46%が罹患するというデータも存在する(2011年)。

うまく付き合う病気になりつつある「がん」

週刊東洋経済6月4日号(5月30日発売)の特集は「がんとお金」です(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

だが、近年の医療の発達はめざましい。がんによる入院日数は以前と比べても減少し、通院で治療が可能になってきている。治療効果が大きい薬剤も多数登場しているうえ、抗がん剤の副作用を抑える治療法も大きく進化している。

週刊東洋経済は6月4日号(5月30日発売)で「がんとお金」を特集。がん治療と両立における課題と処方箋に迫った。がんの5年生存率は毎回上昇しており、全国がんセンター協議会の調査による最新データでは68.9%。今年1月に発表された「10年生存率」では58.2%となっており、10人中6人は10年以上生存という結果が出ている。10年生存率を部位別に見ると、たとえば乳がんの1期と2期、大腸がんの1期と2期で80%を超え、胃がんの1期では90%を超えている。

がんはもはや不治の病などではなく、「治る病気」「うまく付き合う病気」になりつつあるのだ。「がんは糖尿病や高血圧と同様に、慢性疾患と考えるべき」という医師もいるほどだ。

一方で、がんに罹患して会社を辞めてしまう人は少なくない。2013年の「がんの社会学」研究グループの調査によると、がんと診断されて会社を辞めた人は全体の約3割に上った。これは10年前の同グループによる同様の調査と比べても変化がなかった。

次ページなぜ会社を辞めてしまうのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。