高見 和也(たかみ かずや) Kazuya Takami
東洋経済 記者

1965年神戸市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。旅行会社、保険業界専門紙などを経て、2015年から『週刊東洋経済』編集部に所属し、特集記事の編集・執筆に携わる。現在は『別冊生保・損保特集号』の編集担当のほか、東洋経済オンラインや『週刊東洋経済』などで執筆。自動運転車の普及に伴う事故リスクに関心がある。趣味は30年間、毎週欠かさず参加している競馬で、一口馬主にもなっている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。