リーマンショック後も採用拡大した企業は?

「会社四季報」新春号特別調査

新卒内定者数は投資指標としても有効

大手企業を見ても、東京ガス(83.0%増)やNTTドコモ(54.5%増)など、ガス、通信大手が新卒内定者数を増やした企業として上位に位置している。また、総合商社も三井物産(9.0%増)、三菱商事(3.2%増)が採用数を拡大。その一方で、住友不動産(81.3%減)、スズキ(68.1%減)、キヤノン(59.3%)が、新卒採用を特に抑制している。

新卒の社員には、入社後2~3年にわたり、研修やOJTなどの先行投資がかかる。戦力として企業に貢献するには4~5年は必要だ。逆に言えば、新卒内定者数を見れば、この先行投資に耐えるだけの体力を持ち、さらに4~5年先に収益をもたらす人材をどれだけ確保しているか判断できる。企業の中期的成長指標と見ることも可能だ。

新卒採用増加率では、住宅リフォームを手掛け太陽光発電に強みを持つウエストホールディングスが首位だった。同社の時価総額は日経平均株価が最安値をつけた09年3月10日のから140倍以上も上昇するなど、株価も高騰している。2位で、工事用間接資材のネット通販を手掛けるMonotaROも株価が好反応している。

なお、『会社四季報 2013年新春号』(12月14日[金]発売予定)では、以上のランキングのほか、内定者数を増やした全社を一覧でまとめている。また、各社個別ページでも、当該企業の新卒内定者数の変化を掲載している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。