ニッポンの上場会社 トップの出身大学ランキング

慶應が14年連続首位を独走

上場企業の社長を最も多く輩出している大学はどこか。それを探ったのが、「ニッポンの上場会社トップ・出身大学ランキング」だ。東洋経済新報社が全上場企業を対象に、毎年7月末時点に行っている『役員四季報』調査によると、慶應義塾大学が14年連続で首位を独走している。

この場合、トップとは社長、頭取、代表執行役、代表取締役など各企業の代表者1名を指す。別表のランキングでは上位30校について、10年前(2002年)調査時点と比較して順位を上げた大学を上向きの矢印で、下げた大学は下向きの矢印で、変わらない大学は横向き矢印で表している。

1位の慶應大学は役員数313名。1999年の調査でそれまで断トツの首位だった東京大学を追い抜いてから、14年連続で首位の座を守っている。主な慶大卒のトップは、トヨタ自動車の豊田章男社長、マツダの山内孝会長、キリンホールディングスの三宅占二社長、サッポロホールディングスの上條努社長、ローソンの新浪剛史社長などが挙げられる。

次ページ大幅に順位を伸ばしたのは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT