報酬1億円以上の役員は、7人増え366人に

会社四季報で役員報酬総額を調査

 

 会社四季報編集部が、2011年5月期から12年4月期までの有価証券報告書に記載されている役員報酬総額を調査したところ、1億円以上の役員報酬を得ている、いわゆる“1億円プレーヤー”は366人と2011年の調査に比べて7人増加したことがわかった。

1億円プレーヤー366人のうち現役役員312人を対象として、役員報酬額を多い順にランキングしたところ、トップは前年の調査時と同様、日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長。2位はメガネトップの冨澤昌三会長で、5億7200万円の役員退職慰労金を含めて7億3500万円の役員報酬を得ている。

一方、2011年に2位だったソニーのハワード・ストリンガー取締役は役員報酬額が4億6600万円と前年役員報酬総額に比べて4億1600万円減少し、順位は6位に下がっている。

 1億円以上の高額報酬を得ている役員の数を会社ごとに見ると、1億円プレーヤーが最も多いのはファナックの14人。続いて、2011年にトップだった大塚ホールディングスが10人で2位、3位は日産自動車、キヤノン、三菱商事の6人だった。

次ページ高額報酬の役員が減った会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。