報酬1億円以上の役員は、7人増え366人に

会社四季報で役員報酬総額を調査

 

 会社四季報編集部が、2011年5月期から12年4月期までの有価証券報告書に記載されている役員報酬総額を調査したところ、1億円以上の役員報酬を得ている、いわゆる“1億円プレーヤー”は366人と2011年の調査に比べて7人増加したことがわかった。

1億円プレーヤー366人のうち現役役員312人を対象として、役員報酬額を多い順にランキングしたところ、トップは前年の調査時と同様、日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長。2位はメガネトップの冨澤昌三会長で、5億7200万円の役員退職慰労金を含めて7億3500万円の役員報酬を得ている。

一方、2011年に2位だったソニーのハワード・ストリンガー取締役は役員報酬額が4億6600万円と前年役員報酬総額に比べて4億1600万円減少し、順位は6位に下がっている。

 1億円以上の高額報酬を得ている役員の数を会社ごとに見ると、1億円プレーヤーが最も多いのはファナックの14人。続いて、2011年にトップだった大塚ホールディングスが10人で2位、3位は日産自動車、キヤノン、三菱商事の6人だった。

次ページ高額報酬の役員が減った会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 内田衛の日々是投資
  • 就職四季報プラスワン
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。