報酬1億円以上の役員は、7人増え366人に

会社四季報で役員報酬総額を調査

 

 会社四季報編集部が、2011年5月期から12年4月期までの有価証券報告書に記載されている役員報酬総額を調査したところ、1億円以上の役員報酬を得ている、いわゆる“1億円プレーヤー”は366人と2011年の調査に比べて7人増加したことがわかった。

1億円プレーヤー366人のうち現役役員312人を対象として、役員報酬額を多い順にランキングしたところ、トップは前年の調査時と同様、日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長。2位はメガネトップの冨澤昌三会長で、5億7200万円の役員退職慰労金を含めて7億3500万円の役員報酬を得ている。

一方、2011年に2位だったソニーのハワード・ストリンガー取締役は役員報酬額が4億6600万円と前年役員報酬総額に比べて4億1600万円減少し、順位は6位に下がっている。

 1億円以上の高額報酬を得ている役員の数を会社ごとに見ると、1億円プレーヤーが最も多いのはファナックの14人。続いて、2011年にトップだった大塚ホールディングスが10人で2位、3位は日産自動車、キヤノン、三菱商事の6人だった。

次ページ高額報酬の役員が減った会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT