報酬1億円以上の役員は、7人増え366人に

会社四季報で役員報酬総額を調査

 

 会社四季報編集部が、2011年5月期から12年4月期までの有価証券報告書に記載されている役員報酬総額を調査したところ、1億円以上の役員報酬を得ている、いわゆる“1億円プレーヤー”は366人と2011年の調査に比べて7人増加したことがわかった。

1億円プレーヤー366人のうち現役役員312人を対象として、役員報酬額を多い順にランキングしたところ、トップは前年の調査時と同様、日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長。2位はメガネトップの冨澤昌三会長で、5億7200万円の役員退職慰労金を含めて7億3500万円の役員報酬を得ている。

一方、2011年に2位だったソニーのハワード・ストリンガー取締役は役員報酬額が4億6600万円と前年役員報酬総額に比べて4億1600万円減少し、順位は6位に下がっている。

 1億円以上の高額報酬を得ている役員の数を会社ごとに見ると、1億円プレーヤーが最も多いのはファナックの14人。続いて、2011年にトップだった大塚ホールディングスが10人で2位、3位は日産自動車、キヤノン、三菱商事の6人だった。

次ページ高額報酬の役員が減った会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。