報酬1億円以上の役員は、7人増え366人に

会社四季報で役員報酬総額を調査

 また、高額役員数の増減を見ると、「高額報酬役員が増えた会社」では、ファナックが2011年の6人から14人と8人増加し、ここでも1位となった。一方、「高額報酬役員が減った会社」では、日本板硝子のほか、トヨタ自動車やソニー、野村ホールディングスで減少が目立っています。1億円プレーヤーの増減は会社の勢いを反映していると言える。

なお、『会社四季報 2012年秋号』(9月14日[金]発売予定)では、以上のランキングのほか、1億円プレーヤーの一覧や、役員報酬が前年に比べて増えた会社・減った会社、役員報酬が売上総利益に占める割合が高い会社・低い会社のランキングも掲載している。

 

(会社四季報編集部)

写真はイメージです。本文とは関係ありません
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング