上場会社 最年少・最年長トップランキング

トップの年齢差は62歳と「還暦」以上

最年少トップはリブセンスの村上太一氏

上場企業全社の最年少トップ、最年長トップは何歳か。東洋経済新報社が『役員四季報2013年版』調査をもとに全上場企業のトップの年齢を調べたところ(2012年8月末現在)、最年少はリブセンスの村上太一社長の25歳、最年長はタカトリの髙鳥王昌会長の87歳となった。最年長と最年少トップの年齢差は62歳と「還暦」以上の大きな開きがあった。

トップとは社長、頭取、代表執行役、代表取締役など各企業の代表者を指し、執行役員は調査対象から除いた。各表の順位は、同年齢の場合、誕生日が早い順としている。

また、トップの平均年齢は59歳、年齢層では60歳以上65歳未満が3人に1人ともっとも多かった。

最年少トップの村上太一社長(25)は、求人情報サイトを運営するリブセンスを創業。12年10月に史上最年少の25歳で東証1部に上場を果たして話題を集めた。2位は100円ショップ大手キャンドゥの城戸一弥社長(27)。3位は薄型テレビ用光学フィルターのフジプレアムの松本倫長社長(30)だ。2位、3位ともに創業社長を父にもつ2代目社長である。

次ページ最年長トップは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。