上場会社 在任期間の長い経営者ランキング

3社で半世紀を超す在任期間

サンリオは辻体制が続く

最も長く上場企業の代表者を務めているのは誰か。東洋経済新報社が『役員四季報2013年版』調査をもとに全上場企業トップの在任期間を調べたところ、建設仕上げ塗材で国内最大手であるエスケー化研の藤井實社長の在任期間が54.3年と最も長く、1位となった。2位は、「ハローキティ」などキャラクター商品の企画・販売を行うサンリオの辻信太郎社長で52.0年。3位は電子制御横編み機の世界最大手、島精機製作所の島正博社長で51.1年だ。

全上場企業の社長平均在任期間は7.1年で、4年未満がその半数を占めており、半世紀を超える在任期間はひときわ目をひく(2012年8月末現在。別表参照)。なお、トップとは、社長、頭取、代表執行役、代表取締役など各企業の代表者を指し、執行役員は調査対象から除いた。

次ページベスト3のトップ体制は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT