上場会社 在任期間の長い経営者ランキング

3社で半世紀を超す在任期間

上位3社で半世紀超え

1位のエスケー化研・藤井實社長は1932(昭和7)年生まれの79歳。1955(昭和30)年に大阪市で建設仕上げ塗材の製造販売を始めた。以降54年以上にわたり社長として同社を牽引してきた。同社は海外での製造・販売も積極的で、中国、韓国、タイ、マレーシアなどアジア地域で業績を伸ばしている。現在は、長男の藤井実広氏が常務に、次男の訓広氏が取締役に就いている。

2位のサンリオ・辻信太郎社長は1927(昭和2)年生まれの84歳。1949(昭和24)年に山梨県庁に入庁し、1960(昭和35)年、33歳で退職して贈り物用品事業「山梨シルクセンター」(現・サンリオ)を設立した。それ以来、社長の座にある。同社の主力キャラクターである「ハローキティ」は海外でも幅広く支持を集め、欧米でのグッズの企画・販売時に発生するライセンスビジネスが同社の業績に大きく貢献している。現在は長男の辻邦彦氏が副社長として海外展開のさらなる強化に力を入れている。

3位の島精機製作所・島正博社長は1937(昭和12)年生まれの75歳。1961(昭和36)年に和歌山市で手袋編機用の半自動装置の製造を開始。電子制御横編み機の世界シェアトップ企業に育っている。現在は、長男の島三博氏が副社長として右腕を務めている。

ランキング上位3社は、海外戦略にも積極的で業績が好調。いずれも子息が経営の右腕となっていた。さらに上位20社を見ると、子息が役員となっている企業は11社、女婿が役員となっている企業が2社あった。上位20社のうちほぼ半数の企業で現社長の子息が経営を引き継ぐ見通しだ。事業を受け継いでより良い企業とすることができるか。今後の動向に注目したい。

役員四季報」2013年版
 
東証マザーズ,ヘラクレス,ジャスダック上場企業等を含む全上場企業3,550社、約40,000名の役員人事録。 氏名、役職、代表権の有無、社外取締役・社外監査役の区別、入社年、役員初就任年とその役職、就任年月、前歴・兼任先、生年月日、出身都道府県、最終学歴、担当職、役員持株数を掲載。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。