疲弊!ストレスチェックが生む巨大ストレス

1人休職者を出すと、会社には2~3倍の損失が

人間は、気持ちに左右され、大きくパフォーマンスが変わります。そして、その気持ちを左右している多くの原因は人間関係です。実際に、企業内でカウンセリングをしていても、悩みの原因は、ほぼ人間関係です。上司や、部下、同僚、そして、客先、そして場合によっては、家族との関係性です。

単に「仕事量が多い」ことを訴えるメンタル不全者も、話を突き詰めていくと、実際は人間関係が関与しています。きちんとした指導が受けられないために仕事の質が下がったり、周りの協力が得られないために一部の部署や人に負担がかかってくる、などという場合が多いからです。

ですので、ストレスチェックの結果が悪ければ、より一層、コミュニケーションやハラスメントの教育に力を入れていく必要があります。

1人休職者を出すと、会社には2~3倍の損失が

人材を大切にするのは、もちろんのこと、1人休職者を出せば、会社には1人分だけではなく、2~3倍の損失があると試算されています。メンタル不全者を出してしまうことは、かなりの不利益なのです。

最後に、ストレスチェックを行う事業者側のメリットも整理しておきましょう。

【実施する側(事業者)にとってのメリット】
1. 労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止できる
2. 職場の問題点の把握が可能となり、職場改善の具体的な検討がしやすくなる
3. 労働生産性が向上するなど経営面でのプラス効果も期待できる

 

このメリットを十分に生かせるよう、制度を型だけのものとせず予防の一環として活用し、その後のフォローこそが大切です。ストレスチェックがストレスの原因になってしまわないことを切望します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT