バーへは、ひとりで行こう。

忘年会シーズンは「行きつけ」を見つけるチャンス。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

 今年もあと1カ月。泣いても笑っても、ということで、忘年会シーズン突入ですが、本題に入る前に、先週のうれしいお客さまのことを、少しお話しさせてください。

 

ドアを開ける夜――ひとりなんですけど、いいですか?

それは11月半ば、平日の22時前。
 20代後半と思われる女性がひとり、うちの赤いドアを開けて、「ひとりなんですけど、いいですか?」と入ってらっしゃいました。

お話をうかがうと、Yahooニュースの地域欄に転載されていた、この「大人飲み」の1回目を読み、HPで場所を探して、来てくださったとのこと。

春からずっと休みなしで仕事をしてきて、明日が久しぶりの休日なので、あのバーに行ってみたい、と。

美大を出て、フリーで映像や立体制作など、アート系のお仕事をされていて、「さいきんやっと軌道にのったので」、「1杯で帰るはずだったのに」と、こちらがおすすめするウィスキーを4種類、「おいしいです」と、心からリラックスした様子で、召し上がってお帰りになられました。

バー冥利につきた夜でした。

※伝言です。Mさん、ほろ酔いで書いていただいたせいか、メルマガが戻ってきてしまいました。もしこの回も読んでくださっていたら、正しいアドレスを教えてくださいね。ではでは。

 

バーの語源―そもそもバーというものは

「行きつけのバー」の探し方の前に、まず、前回少しお話しした、バーの語源について、手短に。

カウンターがあり、酒あるいはそれに準ずるものをグラス単位で注文できるのがバーのいちばんの特徴ですが、その語源については、さまざまな説があります。

次ページバーの語源、3つの説。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT