デキないオトコが会議で必ず口にする言葉

説明上手は3ステップの順番を踏んでいる

デキないオトコの「そもそも」思考の根っこには、仕事とは答えを出す「課題」という考えがあるようです。デキないオトコが「そもそもさぁ」を連発する理由は、課題の「答え」を待っているからなのです。

議論を盛り上げるデキる人の「いいこと思考」

デキる人の会議での会話を観察していると「そもそも」や「5W1H」ワードはほとんど出てきません。デキる人にも会議中の会話には共通点があります。それは次の3ステップの会話です。

①どんないいこと?

デキる人は、ソリューション(解決策)よりシンパシー(共感)を求める傾向があります。それをすると、その人にどんな良いことがあるのか?相手目線に立って嬉しいことをまず確認します。

②どんな風に?

たとえば「ヒト、モノ、カネ」の3つに分けて、それぞれどんな風に準備するの?という風に、デキる人は5W1Hでぐさぐさ漠然と聞かずに、どんなメソッドで進めるのか、どんな要素を考えるのかといったアプローチを確認します。

③ウチしか出来ないナニカ♪

相手にとって良いことを何か、ウチにしか出来ないことで実現しようよ!がデキる人の思考法。相手目線で相手が選ぶ理由をはっきりさせるのが狙いです。出来ることから考えるDFDNオトコの方法と一見似ていますが、狙いがまったく異なります。

相手目線に立って「どんないいこと」を確認して、アプローチを考えて、ウチしか出来ない「ナニカ」を見つける。議論が盛り上がるデキる人の「いいこと思考」は、相手への「貢献」を求める思考、ビジネス論で言うまさに「マーケティング思考」です。

デキる人の「いいこと思考」の根っこには、仕事とは相手に共感して「貢献」するこという考えがありました。「一緒に相手のためにナニカを探そうよ」という姿勢が、会議をいきいきとさせるようです。

次ページいいこと思考はなぜ人に響く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。