デキないオトコが会議で必ず口にする言葉

説明上手は3ステップの順番を踏んでいる

デキないオトコの「そもそも」思考の根っこには、仕事とは答えを出す「課題」という考えがあるようです。デキないオトコが「そもそもさぁ」を連発する理由は、課題の「答え」を待っているからなのです。

議論を盛り上げるデキる人の「いいこと思考」

デキる人の会議での会話を観察していると「そもそも」や「5W1H」ワードはほとんど出てきません。デキる人にも会議中の会話には共通点があります。それは次の3ステップの会話です。

①どんないいこと?

デキる人は、ソリューション(解決策)よりシンパシー(共感)を求める傾向があります。それをすると、その人にどんな良いことがあるのか?相手目線に立って嬉しいことをまず確認します。

②どんな風に?

たとえば「ヒト、モノ、カネ」の3つに分けて、それぞれどんな風に準備するの?という風に、デキる人は5W1Hでぐさぐさ漠然と聞かずに、どんなメソッドで進めるのか、どんな要素を考えるのかといったアプローチを確認します。

③ウチしか出来ないナニカ♪

相手にとって良いことを何か、ウチにしか出来ないことで実現しようよ!がデキる人の思考法。相手目線で相手が選ぶ理由をはっきりさせるのが狙いです。出来ることから考えるDFDNオトコの方法と一見似ていますが、狙いがまったく異なります。

相手目線に立って「どんないいこと」を確認して、アプローチを考えて、ウチしか出来ない「ナニカ」を見つける。議論が盛り上がるデキる人の「いいこと思考」は、相手への「貢献」を求める思考、ビジネス論で言うまさに「マーケティング思考」です。

デキる人の「いいこと思考」の根っこには、仕事とは相手に共感して「貢献」するこという考えがありました。「一緒に相手のためにナニカを探そうよ」という姿勢が、会議をいきいきとさせるようです。

次ページいいこと思考はなぜ人に響く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT