デキないオトコが会議で必ず口にする言葉

説明上手は3ステップの順番を踏んでいる

DFDN(デキるフリしたデキない)オトコを細かく観察すると、会議中の会話のパターンはだいたい決まっていて、3つの共通点が見えてきます。

 

1.そもそも「何がしたいの?」

男はソリューション(解決策)から考える生き物なので、「何をする」を確認したがる傾向がありますが、DFDNオトコはそれが極端。会議の最初から最後までこの質問を繰り返します。質問が「何」と漠然なので、聞かれたほうも答えづらくなり会議が迷宮入りしがちです。

2.そもそも「5W1H」

DFDNオトコの特徴は、質問が「5W1H」。「誰が、いつ、どこで、なぜ、どうやるの?」国語の穴埋め問題みたいに確認したがります。5W1Hはデキる人の思考法と思われがちですが、聞き方がぐさぐさとダイレクトな割に意味は抽象的。会議室が「しん」となりやすい会話です。

3.そもそも「出来るの?」

理解できない提案やアイデアに関心は示さず、出来ることから考える。DFDNオトコの結論の出し方です。たとえば新しい事業や企画を考える会議で、やたら「出来ること」をリスト化して「新事業案です」と説明する……それがDFDNオトコのパターンです。

お題や解決策を確認して、穴埋め問題的に5W1Hに落とし込み、ぱっとしない「解決策」が結論になる。会議をぐずぐず化するDFDNオトコの「そもそも思考」は、学校で与えられた宿題や課題の答えを出す思考法に似ています。

次ページでは、デキる人はどうでしょう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT