デキないオトコが会議で必ず口にする言葉

説明上手は3ステップの順番を踏んでいる

実はデキる人の「いいこと思考」は、生物学的に正しいとビジネス論では言われています。サイモン・シネックという米国のコンサルタントが唱えた思考のモデルなのですが、人間の脳は

1.「それをやる意味」を考える
2.「それをやる方法」を考える
3.「それ」の具体化を考える

 

の順に進化してきた。だから脳の進化の順序をたどって、それをやる意味→やる方法→やることの具体化の順に考えて相手に伝えると、人間はわくわくするし、共感するし、納得する。という思考モデルです。

デキる人の「いいこと思考」の「どんないいこと」→「どんな風に」→「ウチしか出来ないナニカ」とぴったり当てはまります。

脳の進化に沿った説明で納得させる

逆にデキないオトコの「そもそも思考」は「何をしたいのか」の答え、つまり具体的な「それ」に終始する思考。思考が脳の進化と合ってないので、実は自分の脳も納得できないし、相手の脳も納得させることはできない。DFDN(デキるフリしたデキない)オトコの会議がぐずぐずしちゃうのは、脳に合わない思考法が原因でした。

DFDN(デキるフリしたデキない)オトコを会議中に説得するには、彼らの脳に合わない「そもそも思考」に合わせてはダメ。脳の進化に合わせた「いいこと思考」の順序で伝えることです。そうすれば、DFDNオトコの脳にだって納得させることができます。

デキる人の、相手目線で「どんないいこと」のシンパシーから始める方法は、一見まわり道に見えます。でもこの方法が、脳の進化ルートに沿っているから自分も周りも説得する近道になる。ソリューションじゃなくてシンパシーから始める。これからの会議は女性ならではの強みが求められるのかもしれません。200年前のある思想家の、こんな名言を思い出します。

男は苦労のあげくに結論に達するが女は共鳴だけでそこに達する。~エマーソン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。