欠勤に「生理休暇」充てる管理職は職務怠慢か

有休を「権利」とばかりに全消化した結果…

今の勤め先に不満を持っているサラリーマンも、これから会社に入ろうと思っている学生も、ぜひとも知っておきたい「人事の本音」と「会社との喧嘩の仕方」。激動の時代に生き延びるための知恵を、雇用問題のスペシャリストが授けます。

有休日数を超えれば「欠務」となるはずが…

<読者からの質問>

Q.有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

人口20万人ほどの地方の市役所に勤務しています。身分は週30時間勤務の嘱託職員です。

年休は、年に16日と30時間付与されます。ほとんどの職員は、万一のためと4、5日とり、次年度に繰り越しているのですが、なかには、「権利」とばかりに全消化する者もいます。

結果、年度末が近づくとインフルだなんだとギリギリになる事態も発生。日数を超えれば「欠務」となりますが、管理職によっては、当該職員が女性なら、生理休暇として処理するようです。

本人、管理職である上司ともに職務怠慢と思いますが、城さんはどうお考えでしょうか。

次ページ査定や昇格審査に「ゆがみ」が出る可能性
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。