iPhoneSE、結局のところ「買い」か「パス」か

迷っているあなたのために10の項目で検証

9. 通信方式

MIMO方式のWi-Fiは非対応

MIMO対応の高速Wi-Fiが非対応

国内で販売されるiPhone SEのモデルは「A1723」。米国版の「A1662」と異なり、TD-LTEにも対応します。iPhone 6sと比べると、キャリアアグリゲーションや、MIMO対応の高速Wi-Fiが非対応な点が異なっていますが、最先端の通信速度を体感したい人以外は、特に問題ありません。

最大の違いはやはりサイズ感

10. サイズ感

画面左上に親指が届く 

片手で持った場合の比較

両機種を並べてみた場合、最も大きな違いはやはりサイズ。iPhone6sを片手で持つと、親指で画面左上のアイコンをタップするのは大変ですが、SEでは画面上の全てのアイコンにラクに指が届きます。ボディの厚みは6sより0.5㎜厚いのですが、幅・高さはSEのほうがひと回り小さく、携帯性は同等でしょう。

以上、10大項目を検証した結果、両機種の大きな違いは、「3D Touchの有無」と「インカメラの画素数」、そして「サイズ感」と「価格」という結果になりました。この4点を念頭におけば、自ずと自分に合った機種が見えてくると思います。iPhone 6sとiPhone SEで迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 Getnavi webの関連記事
「iPhone SE」は単なる廉価版?Appleの新モデル「iPhone SE」と「iPad Pro(9.7inch)」の位置づけとは
iPhone内の動画を手軽に大画面投射! 床や天井が映画館になる画期的プロジェクター
【iOS 9.3】ブルーライト軽減「Night Shift(ナイトシフト)」の使い方・設定方法

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。