iPhoneSE、結局のところ「買い」か「パス」か

迷っているあなたのために10の項目で検証

現行の人気モデルiPhone6sとの違いを検証

iPhone 6s × iPhone SE

当記事は、学研グループが運営する「GetNavi web」からの転載です

iPhone SEの発売から約1か月が経ち、買い換えた人もチラホラ見かけるようになってきました。GetNavi webでは、iPhone SEの実力をより具体的に把握するため、iPhone選びに重要な10項目について、現行の人気モデルiPhone6sとの違いを検証。iPhone 6sとiPhone SEのどちらが自分に合っているのか、迷っている人はぜひ参考にして下さい。

左からiPhone 6s Plus、6s、5s、SE
 1. 静止画撮影
撮影画像の比較

iPhone 6sと同じ1200万画素

カメラの画素数が高いほど、撮影したデータを大きく表示・印刷させる際に画質が荒れません。iPhone SEの背面カメラはiPhone 6sなどと同じで1200万画素。撮影した写真の一部を拡大してみても、同等に精細なのがわかります。また、一部で不評だったiPhone 6sのレンズ部の出っ張りも、iPhone SEでは解消されています。

次ページ3D Touchは使えません
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。