iPhoneSE、結局のところ「買い」か「パス」か 迷っているあなたのために10の項目で検証

拡大
縮小
2. 3D Touch

3D Touchに対応している機種は、画面をグッと押せばアプリを直接操作できます

3D Touchには非対応

「3D Touch」は、ディスプレイをぐっと押し込むことでホーム画面からアプリの機能を直接ショートカット操作できる機能。例えば「カレンダー」なら、すぐにイベントを追加することが可能となります。現状iPhone 6s、6s Plusのみに搭載されており、SEは残念ながら対応していません。

3. スピーカー

音量は十分でもややこもる印象

スピーカー部の比較

内蔵スピーカーはどちらも端末右下に位置。スピーカーの穴はiPhone 6sが1列なのに対し、SEでは5sと同じ2列。どちらも音量が大きく、イヤホンなしでも動画視聴などを楽しめます。同一の楽曲を流したところ、SEのほうがやや音がこもる印象で、6sのほうが若干クリアに聴こえました。

最大の魅力、コストパフォーマンス

4. コスパ

6sより約3万1000円安い

SIMフリーモデルの価格(税抜)

iPhone SEの最大の魅力は、やはり価格が安いこと。Apple Storeが販売するSIMフリーモデルの一括価格を比較した場合、iPhone 6sよりおよそ3万1000円も安くなります。背面カメラとCPUの差はないので、コストパフォーマンスを追求する人ならば、検討の余地は大いにあるでしょう。

次ページインカメラの画質には要注意
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT