iPhoneSE、結局のところ「買い」か「パス」か

迷っているあなたのために10の項目で検証

2. 3D Touch

3D Touchに対応している機種は、画面をグッと押せばアプリを直接操作できます

3D Touchには非対応

「3D Touch」は、ディスプレイをぐっと押し込むことでホーム画面からアプリの機能を直接ショートカット操作できる機能。例えば「カレンダー」なら、すぐにイベントを追加することが可能となります。現状iPhone 6s、6s Plusのみに搭載されており、SEは残念ながら対応していません。

3. スピーカー

音量は十分でもややこもる印象

スピーカー部の比較

内蔵スピーカーはどちらも端末右下に位置。スピーカーの穴はiPhone 6sが1列なのに対し、SEでは5sと同じ2列。どちらも音量が大きく、イヤホンなしでも動画視聴などを楽しめます。同一の楽曲を流したところ、SEのほうがやや音がこもる印象で、6sのほうが若干クリアに聴こえました。

最大の魅力、コストパフォーマンス

4. コスパ

6sより約3万1000円安い

SIMフリーモデルの価格(税抜)

iPhone SEの最大の魅力は、やはり価格が安いこと。Apple Storeが販売するSIMフリーモデルの一括価格を比較した場合、iPhone 6sよりおよそ3万1000円も安くなります。背面カメラとCPUの差はないので、コストパフォーマンスを追求する人ならば、検討の余地は大いにあるでしょう。

次ページインカメラの画質には要注意
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。