「変な名前」でヒットを連発するネーミング術

「インドの青鬼」「水曜日のネコ」が、ビール?

その結果、生まれたのがこれらを組み合わせた「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」だった。「好みなんて聞いてないぜ!」と失礼を言っているが、「前略」とやわらげ、「SORRY」と謝っているから許してほしい――。

製品は大ヒットした。

「水曜日のネコ」

「普通の名前ではいけない」という文化が浸透した結果生まれた「水曜日のネコ」

「すると、次第にチームみんなでネーミングを考えるのが好きになってきたんです。たとえば『水曜日のネコ』。“ホワイトエール”という、小麦を使ったベルギースタイルのビールです。当社はこれを女性向けに仕上げ、周囲に影響を与えるオピニオンリーダーに向け販売しようと考えました。するとチームのメンバーは、オピニオンリーダーの女性が“お酒はフッと気持ちをリセットしたい時に飲む”といった傾向をつかみ、同時に、この層が『アロマ』や『自然』や『猫』が好きだと情報を集めてきたんです」

だが“フッと気持ちをリセットしたい”というコンセプトをそのまま使う社員は誰もいなかった。フッとリセットしたい瞬間と言えば――様々な案が出たが“週の真ん中の水曜日”となった。そして、あり得ない組み合わせを意識し「水曜日のネコ」とした。

もちろん、この製品もヒットした。井手氏は言う。

「僕は、そもそもネーミングセンスがないんです。だから、成功例を研究して、それをみんなに伝えたんです。今は、みんなで何千という案を持ち寄ってみんなで決めています。そのほうが、ひとりで考えるより絶対にいいものができますからね」

会社は、思考回路によって変わる。「エールナンバーワン」から「水曜日のネコ」に至るまでの軌跡は、それを物語る一例ではないか。

(写真提供:ヤッホーブルーイング)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。