「変な名前」でヒットを連発するネーミング術

「インドの青鬼」「水曜日のネコ」が、ビール?

井手氏は、この成功例を社のみんなに話しまくった。すると面白いほど、仲間たちの、ネーミングに対する感覚――社の思考回路が変わっていった。

「前略、ビール屋の呪い」

ヤッホーブルーイングの社員がネーミングに関し持っている共通認識は、筆者が見る限り、下記の4点だ。

・他社がつけそうな名前は絶対につけない
・言葉を“ありえない組み合わせ”にする
・言いたいことはそのまま言わず、別の言葉に託す
・売れている商品のネーミングをベンチマークし、なぜ目立ったかを深耕して学ぶ

 

なんとも人を食ったネーミングの「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」

その後、井手氏らは“当たるネーミング”を連発していく。まず、「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」。このシリーズ、醸造家目線で自分たちが飲みたい和のビールを造ろう、というコンセプトだった。この時、井手氏らがベンチマークしたのは、桃屋の「食べるラー油」だったという。

「『食べるラー油』って、正式名称は『辛そうで辛くない少し辛いラー油』なんです。僕はこの製品名を見て“お客様が直感的に理解しにくく、でもコンセプトをそのまま伝える製品を出す時に使いたいな”と思っていました」

「食べるラー油」は、商品名が長くなってしまったのではなかった。井手氏は“あえて長くした”という明確な意思を見た。これを周囲に話すと、チームの仲間たちが様々な案を出してくる。

「男もビール、女もビール、でもやっぱりみんなビールじゃん」

「好みなんて聞いてないぜ」

とくに後者は、井手氏いわく「ストレートにスカッとボクらの気持ちを表していた」。この時、井手氏は「でも上から目線でボクららしくないから、SORRYと謝っておこう」といったアイデアも考えていた。

それとは別に、会議前に誰かが何かの雑談で「このビール呪われているね~! 面白いや~。あははは!」という話をしていた。呪いの話をしているのに笑いが起きているとは面白い。これはいい!

そこでパッと頭に浮かんだのが「ビール屋の呪い」である。しかし、体に入れるものに「呪い」はさすがに恐ろしい。そこで何か恐ろしさを和らげる表現はないか考えていたところ「手紙の『前略』という、全く関連のない言葉を入れたら恐くないんじゃないか」と思い至った。「前略 ビール屋の呪い」。これはいい! おもしろい! そしてこの案を会議で発表したら予想以上にみんなが爆笑した。

次ページビールなのに「水曜日のネコ」と付けたワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT