自家製ビールを簡単に作れる家電がお目見え

材料を入れて数日間待てば出来上がり

画像をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ビールの自動醸造装置が米ラスベガスの国際家電見本市コンスーマー・エレクトロニクス・ショー(CES)にお目見えした。

ビール醸造は決して楽ではなく、穀物とホップを完璧な一杯に変えるには忍耐と技術を要する。しかし、この装置「ピコ」を使えば、あたかもコーヒーを入れるように、簡単にビールを作れる。

エスプレッソが詰まったカップの代わりに、ビール醸造に必要なすべての材料が入った「ピコパック」をオンラインで買って、装置に入れるだけ。開発企業ピコブリューの創業者であるビル・ミッチェルCEOは「ピコパック開発では100人以上の職人に協力を仰いだ」と述べている。

ピコは醸造期間を、従来の数週間から数日間に短縮。醸造が終われば、5リットルの容器に移し、イーストを加えて冷蔵して発酵させる。利用者は毎回、一定品質のビールを楽しめるという。

ミッチェルCEOは「多くの人々が缶や瓶の製品は気が抜けていると気付き、新鮮なクラフトビールを欲しがっていた」と説明。新装置は小規模の醸造家が事業を続けるのを手助けすることにもなるだろうと語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。