海外生産の現地化を徹底する日産の購買戦略

海外生産の現地化を徹底する日産の購買戦略

日産自動車は15日、購買・生産活動に関する説明会を開催、グローバル生産でのコストダウンに向けた強化策を明らかにした。「海外生産における100%現地化」「開発から配送までのトータルコストの削減(TdC)の徹底」「ルノーとの部品共通化」をコストダウンの重点ポイントに掲げた。
 
 海外生産の100%現地化では、新興国での生産を含めて、2015年度に材料まで完全な現地化を目指す。今後の自動車市場の成長は新興国が支えることとなるが、これまでのように主要部材を日本など成熟国から供給していたのではコストダウンが進まない。また新興国も自国経済発展のため現地調達義務などを強めており、そうした法規制に対応する必要もある。地域別にそれぞれ年度目標を定め、現地化率を高めていく。
 
 また、現地化だけでなく、部品会社からの調達網の改善も図る。物流費用のかさんでいる部品をピックアップし、それぞれについて近接地域から調達を促進する。具体的には、部品会社に対して、部品ごとにガイドラインを示し、日産工場内への工場立地や隣接地への立地、近隣地区への進出を求めていく。
 
 TdCでは、従来、製造や調達などがそれぞれ独自に取り組みがちだったコスト削減活動について、開発から配送までのトータルの採算管理の総責任者を工場長とし、総合的なコストダウンを進める。さらに国別・工場別の理論的な最低コストを算出、これをベンチマークにしてコスト削減を進める取り組みも開始する。まず、15車種をグローバルで指定してスタートする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT