海外生産の現地化を徹底する日産の購買戦略

海外生産の現地化を徹底する日産の購買戦略

日産自動車は15日、購買・生産活動に関する説明会を開催、グローバル生産でのコストダウンに向けた強化策を明らかにした。「海外生産における100%現地化」「開発から配送までのトータルコストの削減(TdC)の徹底」「ルノーとの部品共通化」をコストダウンの重点ポイントに掲げた。
 
 海外生産の100%現地化では、新興国での生産を含めて、2015年度に材料まで完全な現地化を目指す。今後の自動車市場の成長は新興国が支えることとなるが、これまでのように主要部材を日本など成熟国から供給していたのではコストダウンが進まない。また新興国も自国経済発展のため現地調達義務などを強めており、そうした法規制に対応する必要もある。地域別にそれぞれ年度目標を定め、現地化率を高めていく。
 
 また、現地化だけでなく、部品会社からの調達網の改善も図る。物流費用のかさんでいる部品をピックアップし、それぞれについて近接地域から調達を促進する。具体的には、部品会社に対して、部品ごとにガイドラインを示し、日産工場内への工場立地や隣接地への立地、近隣地区への進出を求めていく。
 
 TdCでは、従来、製造や調達などがそれぞれ独自に取り組みがちだったコスト削減活動について、開発から配送までのトータルの採算管理の総責任者を工場長とし、総合的なコストダウンを進める。さらに国別・工場別の理論的な最低コストを算出、これをベンチマークにしてコスト削減を進める取り組みも開始する。まず、15車種をグローバルで指定してスタートする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。