海外生産の現地化を徹底する日産の購買戦略


 
 ルノーとの部品共通化では、まず、モジュール生産比率を2013年度の12%から16年度に60%に引き上げるとともに、モジュール生産のうち、ルノーとの部品共通化比率を現在の7%から50%以上に引き上げる。ルノー・日産グループとして、部品(モジュール)品種数を大幅に削減するとともに、1モジュール当たりの生産量を拡大し量産効果を引き出す。すでに取り組んでいるエアコンモジュールでは品種を10分の1にし生産個数を10倍にした。
 
 こうした取り組みを進めるため、部品会社ともトップレベルでの技術交流会を開催、開発段階早期からの協業を進める。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

(タイトル横写真は日産ロシア製造会社 (サンクトペテルブルグ)、日産自動車提供)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT