格安フィリピン留学、3つの「不都合な真実」

安いのにはそれなりの理由がある

QQイングリッシュの英語教師たち。全員を正社員として雇用した上で、外国人向けの英語を教える資格を取得させた

それはまだ、世の中に「オンライン英会話」という概念すらなかった時代のことです。格安で英語を学べる方法を探していて、ネットで見つけたのがフィリピン留学でした。今から11年前のことです。

日本ではまだフィリピンに留学していた人などほとんどいませんでしたが、当時ネット上ではフィリピンは「世界第三の英語圏」であり、「優秀なフィリピン人講師」のもと「マンツーマンで学べる」のがウリであると派手に宣伝されていました。しかも、料金は一ヶ月間留学して、宿泊費・食事代込みで8万円程度と驚くほど激安でした。

留学してみたら韓国人だらけだった

ところが、実際に行ってみてビックリしました。部屋は大部屋しかなくシャワーは水。多くの国から生徒が集まってきているかと思いきや、生徒の95%が韓国人で、食事はすべて韓国料理でした。大きく宣伝していたマンツーマン授業も1クラスしかなく、残りはグループレッスン。しかも、フィリピン人講師たちは、お世辞にも教えるのが上手とは言えませんでした。格安には「裏」があったわけです。

今や格安英語学習の急先鋒として知られるフィリピンには、日本から年間4万人弱が留学目的で訪れているほか、スカイプなどを通じてフィリピン人から英語を学ぶ人は累計100万人を超えています。ところが、11年前は日本人が満足できるような、英語学習の場ではありませんでした。

今でこそフィリピンのセブ島で、正社員として働く教師が700人を超えるフィリピン最大の英語学校QQEnglishを経営している私ですが、最初から英語が話せたわけではありません。英語を学ぶために初めて同国を訪れたのは2005年のことです。留学とは言っても、長期で訪れることができなかったので、時間ができると1週間、短いときには2日、3日と留学に行っていました。

その後も、勉強を続けるために学校で出会ったフィリピン人講師と、日本に帰国してからもスカイプを使ってオンライン学習をしていました(その当時、スカイプレッスンは存在していませんでした)。

こうして英語を学ぶ中で、フィリピン留学の3つの「不都合な真実」に気が付いたのです。

次ページフィリピン留学の「弱点」とは
関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。