孫正義は「中学英語」で世界トップと交渉する

元社長室長が間近で見た「伝わる英語」

いちばん緊張する冒頭部分であえて簡単なセンテンスを使い、自分なりのリズムを作っていくのが得策(撮影:山田 雄一郎)

私はかつてソフトバンクの社長室長を務めており、常に孫正義社長のそばにいました。海外出張にも同行し、英語でスピーチする姿を何度も見てきました。

当時、私の英語力はあまり自慢できるものではありませんでした。そんな私でも、孫社長の英語スピーチは非常に聞き取りやすいものでした。なぜかといえば、孫社長の英語の発音は決して流暢ではなく、日本人なまりのわかりやすいものだったからです。スピードもゆっくりで、ネイティブのお母さんが自分の幼い子どもに話しかけるくらいの速さです。

また、英文はきわめてシンプルで、使っている英単語もやさしいものばかりでした。

それでも孫社長は世界のトップと互角に交渉し、こちらの要求を通しています。新刊『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか――孫正義のYesと言わせる技術』では、孫正義の英語スピーチを徹底的に分析し50のポイントにまとめています。

初めの挨拶はできるだけ簡単な言葉で

Good Morning, and thank you very much.
(おはようございます。ありがとうございます)

これは、2014年に行われたCCAというアメリカの通信業界団体のイベントでの、孫正義のプレゼンテーションの冒頭部分です。

孫正義は、プレゼンテーションをする時間帯に合わせて最初にあいさつを入れます。午前中であれば「Good morning」、午後であれば「Good afternoon」、夕刻以降であれば「Good evening」です。

プレゼンテーションでいちばん緊張するのは冒頭部分です。冒頭でうっかり言い間違えたり言いよどんだりすると聴衆も心配になりますし、自分自身も動揺してしまいます。あえて簡単なセンテンスを使い、自分なりのリズムを作っていくのが得策だといえるでしょう。

次ページ自分の言いたいことははっきりと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT