孫正義は「中学英語」で世界トップと交渉する 元社長室長が間近で見た「伝わる英語」

拡大
縮小

孫正義の「with」を活用した他のセンテンスには、次のようなものがあります。

We bring the partnership with the respect of each other.
※theはよりナチュラルな表現とするため、筆者が追加
(我々は互いに尊敬の念をもってパートナーシップを結んでいます)

この場合も、センテンスの根幹である「We bring the partnership」に「with the respect of each other」という前置詞を使った表現を付け加えることで、より深い意味を与えることに成功しています。

孫正義がよく使うセンテンス

『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか――孫正義のYesと言わせる技術』(祥伝社 / 254ページ)画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

SoftBank delivers superior value to Sprint shareholders. I’m confident about that.
(ソフトバンクはスプリント社の株主にさらなる価値を提供します。私はそのことに自信を持っています)

I’m confident about that」は、孫正義があることに対して自信を示す場合に使うものです。先の例文は、文法的には「I am confident that the SoftBank delivers superior value to Sprint shareholders.」となりますが、あえてキーメッセージである「SoftBank delivers superior value to Sprint shareholders」を最初に言っています。口頭で話している以上、センテンスが多少前後に入れ替わったとしても問題はありません。

また、孫正義が最もよく使うセンテンスのひとつに次のようなものがあります。

I’d like to say that SoftBank and Sprint will make a strong commitment.
(私は、ソフトバンクとスプリント社は強いコミットメントをするだろうと申し上げたいと思います)

孫正義は、特にスピーチの最後で「I’d like to~」を多く使います。プレゼンの後半で、このセンテンスだけが何度も繰り返されることもあります。

I’d like to~」というセンテンスは、中学で習う簡単な成句です。しかし、このセンテンスに自分自身の意思を続ければ、プレゼンの核となり得るということです。

ちなみに孫正義は、プレゼンを常に「Thank you very much」で始め、「Thank you very much」で終えています。

このように、中学英語レベルのシンプルな単語やセンテンスであっても、使い方のポイントさえわかっていれば、孫正義のように世界のトップ経営者ですらも説得できるようになるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT