10年ぶり大刷新!新しいTOEICの傾向と対策

「使える英語」を試すことに重点

新しい『TOEIC』で変更される点は?(写真:cba / PIXTA)
2016年5月のテストより、『TOEIC』が10年ぶりに大刷新することをご存知ですか?
新しい『TOEIC』は、「使える英語」を試すことに重点を置き、出題傾向もかなり変わります。受験生は、変更点を知りそれに適した対策を取ることが必要です。
約1万人に英語の指導をし、『Storyで覚える! TOEICテスト エッセンシャル英単語』の著者でもある山内勇樹氏が、『新・TOEIC』の傾向と対策を、そしてTOEICは受験しないけれど英語力を上げたいという人にも役立つポイントを3回にわけてお伝えします。

意味を持たない単語を入れ、実際に近い会話に

新・TOEICでは、変更される点がいくつもありますが、突き詰めると2つの点に集約されます。より「自然な英語」と「実践的な英語」の追求です。

では、「自然な英語」を盛り込んだ例をみてみましょう。

たとえば、日常、私たちが行っている会話には、「あー」「えーっと」「んー」というようなあまり意味を持たない「間投詞」が自然に入りますよね。英会話でも同じです。これまでの出題ではこうした会話で生じる間投詞などを削除してリスニングの吹き込みをしていましたが、新・TOEICではあえて入れ込んできます。

【旧】Maybe the station is next to a hospital.
   (たぶん、その駅は病院のとなりです)

【新】Maybe the station is next to hummm… a hospital.
   (たぶん、その駅は、えーーと、病院のとなりです)

次ページ実践的な「チャット形式」問題の例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT