「フリー40歳定年」がテレビをつまらなくした

経費削減がもたらした放送作家の変質とは?

放送作家の仕事内容について訊かれたら、「番組の構成を考えて、台本を書いたり、コーナーを考えたりすること」と答える。その通りといえば、その通りだが、「それだけではない」と言う人もいるだろうし、「そこまでやらない」と言う人もいるだろう。

例えば、ラジオの場合は映像がない分、台本を書く作家の比重が間違いなく大きい。メール(昔ならハガキ)を選ぶのも作家の仕事だ。その代替として、ラジオディレクターは選曲に労力を費やす。

番組によって放送作家の負担は異なる

つまり、担当する番組の事情と状況によって、放送作家の仕事内容は変化する。一律でやることが決まっているわけではないのだ。

がっつり台本を書くように指示され、その上でVTR部分のナレーション原稿やコーナー原稿を書き、あげくにロケへの同行まで要求される番組もあれば、会議に出るだけでいいという番組もある。本当に何もしないで結構なお金が振り込まれる。筆者はそのどちらも経験した。

プロデューサーやディレクターがどういう思考の持ち主で、どういうスタンスで、何を欲しているか、それで担当番組における作家の仕事は大方決まるといっていい。仕事量の個人差が生じるのはこのためだ。

「全体の流れを作るのがディレクターなら、放送作家はその肉付けの役割をはたす」。ディレクターと放送作家の関係性は、大まかにいえばそうなる。ディレクターと作家は相談しながら、番組の内容を固めていくのである。

「番組を面白くしたい」「そうすれば自身の評価も上がる」「また何より楽できる」。そのため、なるべく優秀な作家と組みたいというのがディレクターの本音であろう。当然である。愚鈍な作家と組んで良いことは何もない。また、相性を優先して作家を選ぶディレクターも多い。これも理解できよう。気の合わない相手と一緒に仕事したいわけがないし、組んでろくなこともない。第一仕事が捗らないだろう。

次ページ放送作家の担当番組を決めるのは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。