「フリー40歳定年」がテレビをつまらなくした

経費削減がもたらした放送作家の変質とは?

かくして、放送作家の担当番組の多寡を決めるのは、番組のディレクター、もしくは、ディレクターの頭越しにその人選を決めるプロデューサーということになる。ともかく、決定権はテレビ局員である彼らにあり、いくら企画の売り込みをしようと、放送作家はあくまでも受け身の存在となる。提案した企画を採用するのも、プロデューサーやディレクターの権限次第だ。

早い話「才能」か「良好な人間関係」のどちらかがあれば問題ない。そのどちらもあれば、大抵の放送作家は仕事に困らない。しかし、現在これに、若干の変化が生じつつあるという。要因として、近年注視されている、民放テレビ局の「予算削減問題」が背景にある。

就活生からも見放され始めた

今春卒業予定の学生による最新版!「就職人気ランキング」ベスト300によると、入社したいテレビ局の順位は次の通りとなる。

NHK14位(前年20位)、フジテレビ40位(前年67位)、テレビ東京77位(前年44位)、TBSテレビ110位(前年109位)、WOWOW188位(前年261位)、テレビ朝日227位(前年117位)と、300位以内に6社もランキングしている。しかし、2004年はフジテレビが10位、翌05年は9位と、ベストテンに堂々入っていたことを思えば、現代の学生のテレビ局への求心力は、確実に低下していることは判然とする。

その一番の理由だが、近年叫ばれて久しい「若者のテレビ離れ」と、以前から報じられてきた「民放テレビ局の予算削減」は否定できない。景気が悪いと伝えられる企業を、あえて目指そうとはしないからだ。「制作費が異常に有り余っている」と噂されるNHKが最上位に来ているのは、学生の心情の表れと見ていいのかもしれない。

事実、テレビ局の経費は今や減少の一途を辿っている。収録の際に出される弁当がなくなり、一人一枚手渡されていた深夜のタクシーチケットも相乗りが常態化しているのは、よく知られた話だ。

次ページ経費削減の余波はこんなところにも……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング