ベンツ「Eクラス」最新進化が見せた驚きの技術

これは完全な自動運転の一歩手前だ

さらに、米国の自動技術学会(SAE)では無人車の可能性を指摘し、この状態の完全自動運転をレベル5と定義している。

フルモデルチェンジされた新型Eクラス

ポルトガルで開催された新型Eクラスの国際試乗会

ここで新型Eクラスのプロフィールを紹介しよう。ボディは全長が長くなったが、幅は1852mmと旧型から3mm狭くなった。最近の新型車のフルモデルチェンジで幅が狭くなった例は稀だ。だが、新設計のボディ技術によりキャビンはむしろ広がっているという。一方、全長は4923mmと53mm長くなっている。これには「直列6気筒のディーゼルエンジンを搭載する布石ではないか」との噂が出ている。メルセデスはノーコメントであったが、その噂は間違いないだろう。また、アルミや超抗力鋼板などの新素材を使うことで、衝突安全性能と車体剛性を大幅に進化させながらも、50kgのダイエットに成功している。

パワートレーンに関しては、新開発の2リッターディーゼルがまずデビューしている。従来の2.2リッターに代わる新世代ディーゼルで、どこが新しいかというと、実走行での排ガス性能だ。VWのディーゼルスキャンダル以降、世界中でRDE(リアル・ドライブ・エミッション)が話題となっている。つい最近、日本でも市販のディーゼル車のモード走行以外の排ガス性能が公表された。違法性の指摘はなかったが、マツダ以外のディーゼル車は多くの排ガスを出していたことが問題となった。

メルセデスはこの問題に2012年ころから取り組み、新しいディーゼルを開発していた。そのエンジンが今回新型Eクラスで搭載された2リッターディーゼルである。詳しくは別の機会に譲るが、このディーゼルはモード走行以外でもNOx(窒素酸化物)やPM(ススの原因となる燃えカス)を極力抑えてくれる。

新型「Eクラス」の自動運転は最上級の「Sクラス」よりも進んだシステムを搭載している

先進的な車体とディーゼルエンジン。これだけでも魅力的だが、Eクラスの自動運転は最上級の「Sクラス」よりも進んだシステムを搭載している。筆者は「テスラ『モデルS』の進化が映す自動車の未来」(3月8日配信)ではテスラのモデルSの自動車線変更をレポートしたが、メルセデスのEクラスはそれを上回る進化を実現した。

メルセデスの開発担当者によれば、ウインカーを操作するだけで、自動で車線変更する「自動追い越し機能付ディストロニック」(アウトバーン・パイロット)は当面はドイツだけ認可されている。なぜなら、欧州にはR79(国連規則79番)という自動操舵を規制する法律があり、速度10km/h以上では自動操舵が認められず、自動運転普及の障壁になっている。現在は日欧の政府関係者がこの規制をどう緩和するのか、WP29(国際基準調和会議)のサブワーキングで議論している最中である。

次ページメルセデスの哲学
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT