ベンツ「Eクラス」最新進化が見せた驚きの技術

これは完全な自動運転の一歩手前だ

完全な自動運転の一歩手前にいる高度なドライバー・アシスト・システム

このところ自動運転の話題がますます盛り上がりを見せている。人工知能(AI)にディープラーニング、クラウド連携によるビッグデータ活用とコネクトカーなど、多種多様なトピックスが続く。現段階ではアイデアコンテストのようだが、そのなかで何が実用化され、どのように愉しく便利なモビリティになるのか、期待が膨らむ。とにかく今まで不可能だと思われていた自動運転車がいよいよ実用化されるかもしれない。

自動運転はどこまで実現できているのか

この連載の記事一覧はこちら

一方で、近い将来にどのレベルの自動化が実現するのか、あるいは、現段階ではどこまで実現できているのかがイマイチ分かりにくい。先日、メルセデス・ベンツの新型「Eクラス」に試乗し、高度な運転支援「ドライバー・アシスト」を体験してきたので、そのレポートを通して実状を考えてみたい。

新型Eクラスの国際試乗会はポルトガルで開催された。技術的には先進安全技術のお披露目なのだが、ホットな話題はドライバー・アシスト・システムだ。より一層使いやすくなった自動ブレーキAEBやアダプティブ・クルーズ・コントロールもさることながら、注目すべきは自動車線変更が可能な「アウトバーン・パイロット」だろう。

現段階では「ドライバーが運転に責任を持つ」という意味で、自動運転レベル3の手前の段階だ。欧州ではハンドルから手を離してはいけないことになっている。しかし、Eクラスのシステムは市販されるクルマの中ではもっと進んでいることは間違いない。

(編集部註)ここでは米政府の国家道路交通安全局(NHTSA)が定義した内容を記載する。一応この定義が先進国の共通認識だ。
レベル0:車の運転に関してコンピュータが介在しない状態
レベル1:自動ブレーキやクルーズコントロールのように部分的にコンピュータが介在する状態
レベル2:操舵(ハンドル機能)が複合的に加わった状態
レベル3:半自動運転。条件次第でドライバーは監視義務から開放可
レベル4:完全自動運転
次ページEクラス、驚きの進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT