米国の自動運転、ネックは「ボロボロな道路」

車線認識も難しい劣悪な道路網が普及阻む

米国のハイウェイ。運輸省によると舗装道路の65%はひどい状態だ (写真: ひろゆき / PIXTA)

ボルボ北米法人のレックス・カーシーメーカーズ最高経営責任者(CEO)は、ロサンゼルス市での自動車ショーでのプレスイベントで、同社が試作した半自律走行車がきちんと路上を走れないことに憤慨していた。彼は近くにいたロスのガルセッティ市長に、不満をぶちまけた。「車線が識別できない。分かるように、ちゃんとラインを引き直してくれませんかね」。

舗装道路のうち300万マイル(約480万キロ)が劣悪な状態にあるという米国のインフラ事情が、自動運転の実現を阻む足かせとなっている。車線表示はかすれ、信号や照明もきちんと機能していないことが多い。他の先進国では統一されているのが普通の信号機や車線表示の形式も、地域によって千差万別なのだ。

国内道路の65%までが悲惨な状態

米運輸省の推計によると、国内の道路のうち65%がひどい状態。世界経済フォーラムによる2014〜2015年の国際競争力レポートによれば、米国の交通インフラの世界ランキングは12位だ。マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)の調査では、過去20年間に米国が交通インフラに投じた額は欧州連合(EU)の3分の1弱と、中国の6分の1に過ぎない。

テスラのイーロン・マスクCEOも最近、同社セダン向けの自動運転システムを発表した際にロサンゼルスの高速道路の惨状を示すビデオを公表。米国の車線表示の現状は「クレージー」で、半自律走行車を戸惑わせていると不満を示した。「カリフォルニアにはもっとまともな車線表示が本当に必要だ。これがドイツや日本や中国であれば、ちゃんとしている」。

こうした状況下で自動運転を実現しようとすれば、メーカーは時間とコストをかけ、センサーやマップの性能を向上させねばならない。 日中にちゃんとした道を走っていれば車は自分の位置をきちんと識別できるが、夜間や悪天候の中で車線表示が不明な道を通る場合は、そうではないからだ。

次ページ悪路対応の技術開発には巨費が必要
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。